ソフトケース登場で90000アイテム越え!『スマートフォンケース.com』見本帖

スマートフォン・タブレット


DSC00773

気分転換にスマホの新しいケースでも・・・と思って量販店に行くと、最新機種以外は数種類しか置いて無くて、「自分の機種は一年も経たずして周回遅れかー・・・」とテンションが下がりますが、片やいつまでたっても新しいデザインが増え続ける不思議な、いえ貴重なスマホケース専門ショップ「スマートフォンケース.com」。

以前、購入レビューを書いた時は”16,000種類”だったはずが、これまた1年もたたずして何と“90000種類”ですって。マジデスカ(^_^;)。
2010年4月発売のXperia(SO-01B)からあるんだから、そりゃそーか。

そんな「スマートフォンケース.com」からお仕事の関係でケースサンプルをどっとお借りできたので、ちょっとテンションあがって写真を撮りまくってみました。

こちらはハードケース(写真サンプル:535 板チョコ-エンジ包装)。
マットなツヤが高級感を出しているだけでなく、手にもなじんで持ち易いんですよね。

ケースの色はデザインによって異なりますが、クリアケースの場合は背面以外は透明なので機種カラーも見えて、デザインと自然に溶け込みます。

最近登場したソフトケース(写真サンプル:UB958 ルーズフラワーピンク)。
今までのハードケースと同じデザインがソフトケースでも買えるようになったので、ショップアイテムが倍増したというわけ。

シリコンより丈夫だというTPU素材でできていて、着脱もしやすいです。

現在はベースカラーがホワイトなのがほとんどで、前面からの見た目は白い枠が付いた状態になります。
機種カラーによっては浮いた感じにもなるので、ここは好みがわかれるところかも。
でも、落としても割れないし、最低限のクッション代わりにもなりそうなのがソフトケースのいいところ。スタッフブログを読むと、カラバリは検討中らしいので、他の色がいい人は乞うご期待。

デザインバリエーションはそりゃーもう腐るほどありまして・・(笑)、今回お借りしたのはほんのほんのほんの一部。
それでもテンションが上がりMAXなんだから、Webサイトで選ぶ時は大変ですよ、ほんとに。

花柄と一口で言っても、テイストはいろいろ。鮮やかな色が好みの場合は、ハードケースの方がツヤも出て発色が派手なデザインが良く映え、やわらかでざっくりデザインはソフトケースの方が合いそうですよ。

キャラもの、動物ものは可愛い系が多いです。

ハード系、セクシー系、シック系・・・男女問わず持てる(モテる?)デザインも豊富。

飲食物系は思わず口に入れたくなったり、お腹が空いてきたり、印刷はかなりリアルです。これもどっちかといえば、ハードケースにあうデザインかな。

これだけケースが集合しても、私の機種のはないのでストレスはたまっちゃうわ、買いたくなるわでもう大変。実際に印刷の発色を見て買いたくなったのはこの3種。

でも、サイトに行ってこれを探してたら、借りたサンプル以外のデザインにも超目移りしちゃって・・・迷宮ぐるぐるです。

そんな私を尻目に、ダンナも「俺も買おうっと。」と5分で決めてサクッと注文に至りました・・。はぇぇ。また届いたら写真撮らせてもらおう。
以前は送料を節約するために二人分ずつ注文してたけど、今は一個からでも送料無料のなので、思いつきでどんどん発注できるのが便利です。

【番外編】「スマートフォンケース.com見本帖」撮影の裏側

スマートフォンケース.com


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です