ルンバ&ブラーバ親バカの祭典 「アイロボット ファンプログラムアワード2016」

イベントレポ 生活家電 自動掃除機 自動掃除機ルンバ


lr-09996

お馴染みの自動掃除機ルンバ、ブラーバの生みの親「アイロボット社」の製品を愛するファンが集まって情報交換し、発信していく「アイロボットファンプログラム」が発足して1周年。

これを記念して行われたパーティ、「アイロボットファンアワード2016」が東京・飯田橋のレストランで開かれ、私もルーニー(ルンバ980)の育ての親として参加してきました。

会場のそこかしこから「うちの子は・・・」と聞こえてきて、みんな親バカなんだなと微笑ましい雰囲気。

LR-09998

イベントでは、アイロボット社製品の日本国内販売を担う代理店・セールス・オンデマンドのスタッフによる挨拶とプレゼンテーションの他、カルトクイズ「ルンバ・ブラーバ検定」や、ルンバの使い勝手について考えるグループワーク、そしてアイロボット製品の利用や普及に貢献した年間MVP表彰など盛り沢山な内容でした。

LR-00003

今年2016年は、スマッシュヒットとなった雑巾がけロボット「ブラーバジェット240」を筆頭にラインナップがさらに充実し、コスパとスペックを兼ね備えた「ルンバ960」など、現行機種はルンバ4機種、ブラーバ2機種になりました。

ウチの980は発売価格13万越えというセレブな価格でしたが、そのスペックをほぼ受け継いでいながら800シリーズの価格帯に抑えてきた960が登場したのは、さらにルンバの普及率を加速させることでしょう。

ファンには常識?「ルンバ・ブラーバ検定」10問パーフェクトのカラクリ

LR-09993

会場にはルンバ・ブラーバに関するカルトクイズ10問が張り出され、イベント終盤で答え合わせがありました。

スタッフ曰く「めちゃくちゃ苦労して考えました!全問正解はまずいないでしょう!」と言われたら、逆に燃え(萌え)て「あらゆる手を使ってでも正解してみせる」と思うのがファン魂。

終わってみれば全問正解者続出で用意した賞品もじゃんけん大会になるほど。
ちなみに、私も無事に全問クリア♪

ブラーバの機種名やルンバの最大清掃面積など、カタログを見れば即答できるEasyレベルもありましたが、もはや勘に頼るしかない問題も。なのにどうして正解者が続出したのでしょうか?そのカラクリは・・・多分こんな感じ。

【問題例】

Q:ルンバ200万台を縦に並べると成層圏に到達する?〇か×か?

⇒ルンバの直径(36cm)×200万=720kmを算出、OK Google!で「成層圏までの距離は?」と聞く

Q:ルンバ世帯普及率の都道府別ランキング第4位は?

⇒「ルンバ 普及率 県別」でググる。(すでに候補に出てきたことから、殆どの参加者が同じ検索をしたに違いないw)

Q:ルンバの日とは〇月●日?

⇒「ルンバの日」でググる。6と0と8で「ル(6)ン(0)バ(8)」らしいけど、いやいやいやいや、それじゃロンバでしょ!(と突っ込んだのは私だけじゃないはず)

Q:ルンバvs主婦、ある実験において床の約74%掃除できたのはどっち?

⇒「ルンバ 主婦 実験」でググる。求める結果かどうか確信を得るため、クイズの欄外にあった「<GIS/画像処理専門家 内山浩二郎氏による監修>」という参照を元に、検索ワードに「内山浩二郎」を追加。
(正解データ:CLEAN HACK vol.2 あなたの部屋は本当にキレイですか?

要するに、Google先生のおかげです。
多分、こうやってつくられたであろう問題はこうやって解かれていくのが世の常かと。
でも、大事なのは、より製品のことを深く知るきっかけとなって、より愛着がわいてきたということですよね。

ルンバの疑問をみんなで考えるグループワーク

LR-00005

テーブルで分かれたグループごとに、購入検討者によく聞かれる疑問について、ユーザー目線で答えを出すグループワークもありました。

ユーザーだからこそ自信を持って答えられることもあり、またユーザーだからこそ、ここを知りたかったというポイントもあり、「あるある!」とか「そうだったのか!」とかとても勉強になるディスカッションでした。

私のグループのテーマは「手入れが面倒なんじゃない?」。

答えは、「別に。」です。以上です!
特に800シリーズ以上はシリコンブラシのおかげで髪の毛が格段に絡まりづらく、取りやすいのは掃除機の革命だと思っています。

美味しい食事の後のMVP表彰式で衝撃の事実

LR-00009パーティーと言えば美味しい食事。会場となった「ロイヤルガーデンカフェ」はどこも大人気のカフェで、うちの近所にもあるんだけど、いつも混んでてなかなか入れなかったので、味わえて嬉しす!

食べ終わるといよいよメインイベント、年間MVPの表彰式。

ルンバ賞は「むねさだブログ」のむねさださん、ブラーバ賞は「タムカイズム」のタムラカイさんが受賞。お二人とも素敵なレビューやイラストでいつも楽しませてくれるので、私も大好きなブロガーさん。これは当然の受賞とフルーツもぐもぐしながら手を叩いていたら、次のMVP発表で吐きそうになりました。

 

LR-1379

えーっと、MVPもらってしまいました(;´・ω・)。
一瞬何が起こったのかがわからず、受賞の挨拶なんてもはや何を言ったのか一言たりとも思い出すこともできません。

私のルンバ歴は577の初モニターからスタートしてはや6年。このブログだけでなく、雑誌やラジオなどいろんなメディアでルンバ愛を発信してきたことを評価していただいたのだと思います。

最初の頃は、ルンバを使うのは一部のセレブ層と思われていて、レビューをしても「うちはそんな豪邸じゃないから」とか一般大衆に受け入れられないこともありましたが、今では取材などで「オススメ家電はルンバ」と答えると「それは当たり前すぎるから他のください」と言われるまでに。
ルンバの浸透力はんぱなーーい!(某ドラマファンとして言いたかっただけ)

副賞としてルンバのフルメンテナンス権利をいただいたので、うちのルーニーくんの日頃の疲れを癒してあげたいと思います。

 

最後についでにお知らせを。
来週発売の「日経WOMAN 2017年1月号」にてブラーバジェット240を私のオススメコメント付で掲載していただくことになりました。立ち読みでいいので(ぉぃw)要チェックで!
今後もMVPの名前に恥じぬようアイロボット愛を発信していきたいと思います。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です