R0012669

正月に実家に帰省し、さぁまた自宅へ帰ろうと思った瞬間、母が「あーー!」と雄叫びをあげたので、何事かと思ったら、「アンタに見せたい家電があったっけ!ブログに使う動画撮りたいんじゃないかと思ってたのに忘れてたー!」と。

あ、いや、ご協力感謝します(笑)。さすが家電女子の母上どの。では、また今度。

・・・・と言うことで、先月もう一度帰省した時には、もう満面の笑みで待っていたのが、「HUROM(ヒューロム)スロージューサー HU-400」。

いわゆるジューサーミキサーです。

まぁ、ウチの両親も年も年なので、エアリーシェイプといいこれといい、最近買う家電はもっぱら健康志向のようで。でも、私もだんだんデジデジ・ガジェガジェしたものよいり、そっち系に関心が高まってきたので、やっぱり年れ・・・(以下自粛)

私自身はジューサーを買ったことも使ったこともないのですが、よくデパ地下のジューススタンドで見かけたり、テレビで見かけたりするものは、もっとコンパクトで、上のフタをパカっと開けて材料をガサっと入れて、スイッチオンで「ガガガガ!ゴゴゴゴゴゴゴ!」と轟音と震動を発するアレのイメージ。

どうも、水曜どうでしょうの「シェフ大泉・夏野菜スペシャル」でホタテのポタージュ作って爆発未遂したのが印象的過ぎて・・・(笑)
そうそう、こんな感じのヤツ↓

それに比べて、今の「スロージューサー」なるものは全然違うんですね。

ヒューロム HU-400 の特徴とファーストインプレッション

HU-400は 「世界初LSTS方式ジューサー」と書いてあったので、なんのこっちゃと調べてみたら、LSTS(Low Speed Technology System)=低速圧縮絞りという技術で、ヒューロムの特許・新技術だそうです。
(以下Amazon商品詳細より抜粋)

自然の素材の味と色、栄養素を保存。1分間に80回転の低速で搾る技術が、自然のままの色、味を楽しめるジュースを、搾ることが可能になりました。低速により、 栄養素もそのまま保存できる技術は世界初の特許、新技術です。

要するに、「切り刻む」んじゃなくて、石臼のように「すりつぶす」ってことですね。
まさに低速でじんわり絞れそうなイメージです。石臼をマッハでぐるんぐるんしてる図はあまり想像したくないのでねw。

「石臼」というイメージはHU-400のフォルムと重さにも通じるものがありました。
私の当初想像していたジューサーより「デカくて重かった」からです。

現在の家電はどれもスタイリッシュで軽量・コンパクトになってきた時流に逆行しているようですが、この重量感のおかげで、大量で固い野菜・果物をすりつぶすときにもガタガタと振動することもなかったし、使ってる方は材料をポイポイ投入口に入れるだけで安心して使えた感じです。

大きさも、リビングテーブルなり、キッチンカウンターなり、据え置き場所さえ確保できるならば、出しっぱなしでOK。棚にしまうとか、気軽に持ち運ぶとかはあまり考えない方がむしろ使い勝手もよさそうでした。

ヒューロム HU-400の使い方

まず、入れたい材料を一口大程度に切ります。(投入口に入ればよろし)
次に電源を入れて材料を一つずつ入れます。 あまり一気に入れると詰まる原因に。
また、葉物など水分の少なそうなものは、それだけを連続して入れるより、水分多めのフルーツと交互に入れると、つまりが少ないそうですよ。

しばらくすると、材料がすりつぶされて、ジュースと搾りかすに分離してでてきます。これが見ていて快感!中でどーなってるんだろう?
それにしてもこの分離を見ていると、フルーツってホント水分が多いんだなぁと実感。バナナとか「カスそのもの」的な感覚だったけど(笑)、ちゃんとあるんですね、水分。

できあがったジュースは、本当にいい香り!美味っ!これウマ!!
すりつぶされて出てきた果肉ものどごしよくて、甘くて、デパ地下で飲むジューススタンドの味となんら遜色ありません。プロは多分材料の配合が命なんでしょうけど、家庭で作るミックスジュースは、冷蔵庫のあまり物のごちゃまぜでも十分おいしくいただけそうです。

色や味が異なるジュースを連続して作る場合は、一旦水のみを入れてしばらく回すと、中のカスや味が取れてリフレッシュできるので、そこからすぐに作りだすことができます。
もちろん、フルーツジュースを作ったままで、その風味込み込みで野菜ジュースも作っても問題ないんじゃないかな。その方が面倒くさくなくていいかも。

しかしよく取れるよなぁ、カス。むしろ、今までのジューサーってこういうカスってどうしてたんだろうか・・最近のジューサーの機能はあなどれんなぁ(-_-;)。

ヒューロム HU-400の感想まとめ

いろいろありますが、HUROM(ヒューロム)スロージューサー HU-400のメリットデメリット含めて主な感想は下記の通り。

・動作音はそこそこする。「寝た子は起きる」が「高速ジューサーよりは全然静か」。
・後片付けが楽かどうかは、使った材料次第。
 カスが少ない材料は水を流すだけでもいいけど、繊維が多い材料の場合は、
 分解洗浄が必要。
・ 味は文句なしでうまい!
・これで毎日ジュース作るって、相当野菜やフルーツ必要だぞ?ww
・でもまぁ、本来はそれ位ちゃんと栄養取らなきゃってことだよね。
・冷蔵庫の余った野菜の使い道ができて超便利。
・お通じは超スムーズになる予感。
・要は、いろんなところが「キレイ」になるってことでいいね?

私の性格上、毎日それほどの野菜・フルーツを取りそろえ、一口大に切り、一瞬で飲み終わった後はまた分解掃除・・・という一連の動作が続くかどうかははなはだ疑問が残るところでありますが、でもやっぱりこの味は惹かれましたね。
休日の朝とか、このジュース作りの過程そのものが楽しいアトラクションかつストレス解消になりそうなので、もうちょっと値段が下がったら要検討ですな。

いやいや、貴重な体験をありがとうございました。母上どの。

【動画】HUROM(ヒューロム)スロージューサー HU-400 でミックスジュース作り
HU-400でのジュース作りの風景を動画撮影しました。動作音などの参考まで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です