DSC02221

先日、横浜赤レンガ倉庫前で行われていた最新自動車やカー用品の展示イベント「ル・ボラン カーズ・ミート2018」。

DSC02189
毎年数万人規模の来場者数を誇る大人気イベントですが、初参加の私は、KENWOODさんのブースにお招きいただき、最新カーナビとドライブレコーダーのレクチャーを聞きつつ、実機を体験してきました。

高速マップに迫力のハイレゾ音響が魅力・KENWOOD  カーナビゲーション『彩速ナビ』

DSC02214

これはスマホかタブレット画面か?という位、マップがぬるぬる動き、指での拡大/縮小のスピードも半端ない。
もちろんすごいなぁと感動はしたものの、実際に私は他人の車のカーナビ画面しか見たことがなく、自分レベルの使用感がないので、これがどの位すごいのかというのは、すぐにはピンと来なかったんですが、ガジェット教の教祖様レベルのブロガー陣が「すげぇぇ・・・」と小声で呻くのを聞いて、これはガチだなと(笑)。

年2回のマップデータ更新で年額3600円のランニングコストなら、月額300円のアプリを使うのと同じ。
それでこのグレードが保たれるならまったく高くはありません。

DSC02215

また、カーオーディオ面でも、ハイレゾ音源再生に対応し、ライブハウスのような体を包み込む音楽空間を実現。
この日のイベントではデモカーでの視聴体験をさせてもらいました

これでバラードとか聞いたら泣いちゃうね・・。危なくて運転できないか(笑)。
ちょっとそこのスーパーまでのつもりが、曲を聴くだけにむやみにドライブしてしまいそうです。

DSC02209

まぁ・・・この能力をフル活用するには、それ相応のスピーカーが必要ですがね。
そして、その前に、ハイレゾ音源の一つでも買いやがれって話ですよ(-_-;)。

高画質・長時間録画で大人気 KENWOOD ドライブレコーダー

DSC02211

この日説明していただいたイチオシ機種「DRV-830」の主な特徴は下記の通り。
●フルHDの約1.8倍のWQHD(2560×1440)画質
●HDR録画機能で、明暗差の激しい場所でも鮮明映像
●microSDスロット×2 で長時間録画が可能

メーカーの人曰く、「画質もさることながら、「長時間録画」できるというのは、かなりのアドバンテージ」で、カードスロットが2つあり、連続録画ができる機種は珍しいとのこと。

DSC02213

運転中ずっと録画され、どんどん上書きを続けるというSDカードには過酷すぎる環境で、 2 枚体制なら上書きの回数が半分になるし、いざ見返したいというときに、保存のバッファが倍なので、目当てのシーンを掘り起こせる可能性も倍。

早くて数か月でカードが劣化する(運転頻度・距離にもよる)場合もあるので、KENWOOD推奨SDカードを使えば、「SDカード寿命告知機能」が使用できます。(製品付属のmicroSDは対応品)

それ以外の廉価版カードだと、劣化していても気付かず、肝心な時に録画できない恐れもあるので、容量を小さめにしてでも推奨レベルを入れておいた方がいいかも。

DSC02234

当日のブースでは他社製との映像比較も見ましたが、確かに日陰のディティールとか、ナンバープレートとか、夜間の人物認識がよりクリアになっているのがわかります。

万が一の事故の際は、できるだけ広い範囲でしかも鮮明に視認できるかどうかが、証拠能力のクオリティに直結し、原因究明の手助けになれば、エアバッグ並みに自分の身を守ることができます。

また、そんな万が一のためだけにドラレコを使うわけではなく、せっかく楽しいドライブを自動録画しているわけなので、後から風景を見直す思い出としても、こういう高画質で残せるのは楽しそうです。

ウチの車は14年目に突入する古い車で、当時ケチってカーナビすらつけなかったので、だいぶ最新カー用品からは浦島状態ですが、まさかこんなに進歩してるとはね・・・。
ディーラーに点検に行くたびに、「せめてこの時代、ドライブレコーダーはつけましょう(あなた方ももういい年なんだから・・というね)」と言われ続け、昨今の痛ましい交通事故ニュースを聞いてかなりビビっていたので、俄然つける気満々に。

DSC_1872

というわけで、実はこのイベントでKENWOODさんからDRV-830を機材提供いただき、イベントの翌週、早速イエローハットで装着してもらって、 ドラレコ生活をスタートさせました。

どんな映像が取れるのか。どんな効力があるのか。また使用感レポートは後日アップいたします。

【追記】使用レビュー書きました
ドライブレコーダー「KENWOOD DRV-830」で残すのは「万が一」じゃなくて「今日一の思い出」