風にそよぐ木を見てたら動画が撮りたくなったからCanon EOS 80D を持って外に出た

Canon 動画


Web-09459

横殴りの雨で起きた今朝。
パンを食べ、家族を駅まで送り、掃除が終わるころには雨も上がった。

気持ちいいほどの明るい日差しだけど、風が・・・風がひどく吹いていた。
でも、うねる草木と折れそうで折れない花たちを見ていたら、自然とカメラを持って外に出たくなった。

髪を一つに束ね、スニーカーのかかとを踏んでつっかけ、財布もスマホも持たずにちょっとそこまで。

一眼レフで動画を撮るという行為は、かなり面倒くさくてサイズも大きいし編集大変・・・的なイメージが強いけど、EOS 80Dではあえて「スマホで写真(動画)を撮りたいタイミングで撮る」という心がけで、ビデオスナップを撮るようにしている。

カメラに慣れるためでもあるけど、操作は動画ボタンを押すだけだし、スマホより「ちょっと重い」だけだ。

(画質:FHD 30P)

編集もほぼノートリミング、Windows標準のムービーメーカーでフェードでつなぐだけ。
花壇の花達がそよぐのをただ流して撮るだけでも、ピントがいろんな花に次々に合っていって、何とも心地よい空気感が出た。

「動画サーボAF」という機能が、常にAFエリアの被写体にピントを合わせ続けてくれる。
Web-09462

慣れてくれば、これを画面タッチで自分の好きな箇所にピントを持っていったり、そのピント送りのスピードも変えたりして、意図的なピント操作もしてみたいが、それはまだ先の話だ。
Web-09464

まずは、「動画撮影」のハードルをぐぐっと下げるべく、「スマホでスマホで・・・・」と念じながら、EOSムービーを撮る。この贅沢な昼下がり。

(余談)
ブログを書くときのアイキャッチ写真(TOP写真)に揺れていたお花でも・・・と思ったら、この散歩で一枚も静止画を撮っていないことに気がついた。だいぶ動画脳になってきたらしいw


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です