超歌舞伎のタイムシフト視聴をするためにニコ動プレミアム会員になりました。

Webサービス イベントレポ


Web-1283

過去最高15万2561人の会場来場者数を打ち立て閉幕したニコニコ超会議2016。
私も初参戦してその熱の余韻のまま体験レポートを書きました。

「この場所はみんなのキセキ」というキャッチコピー通り、私にとっての奇跡は
あの鳥肌ものの「超歌舞伎 今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」のライブ会場にいられたことでした。

おかげで?2日経った今でも興奮冷めやらず、もう一度見たい、というか大千秋楽が見たい!という熱で、とうとうニコニコ動画のプレミアム会員になってしまいました。(旦那がねw)

ニコ動は基本無料で見られますが、プレミアム会員(月額540円)だと混雑時でも元画質で動画を再生できたり、生放送視聴時に一般会員より優先して番組に入場できるほか、生放送を後で見る「タイムシフト視聴」を放送後に気が付いた時でも見られるのです(無料会員は生放送前に予約しておかないと見られない)

そもそも一般会員だと混雑時にすぐ追い出されるのがいらっとするんだもん。これが解消されるのは大きい。

タイムシフト視聴で「超歌舞伎」を振り返る

この感動は大画面で見るしかないと、スマホをHDMIでテレビにつないで鑑賞しましたよ!

AR&配信先端技術が超歌舞伎を実現した

今回の目玉は何と言っても3Dホログラムの初音ミクと実際の歌舞伎役者との共演。

Web-1245

ミクさんの華麗な所作は実際に歌舞伎役者さんが踊ったものをモーションキャプチャーしたそう。本当に手の先、つま先までがしなやかで美しい・・。

Web-1248

会場で見た時も立体感は充分伝わりましたが、ネットで見るとその映像のキレイさと繊細さは半端ないです。

Web-1270

ネットで見るからこそ美しいAR稲妻と天井。多分会場の人は見えてないんじゃないかな。
Web-1300

会場もネットも一番盛り上がった分身の術。
同じ衣装の人たちがわらわらいる従来の方式と、リアルタイムで写した役者の映像を複数投影し戦わせる新旧対決が何とも迫力あるのです。

このほか、蜘蛛の糸がレーザービームだったり、小道具や武器も本物とバーチャル技術の見事な融合で、両者同時に使っていても何の違和感もなく、むしろユーザーコメントは盛り上がる一方。

これがあるから「歌舞伎楽しい」というわけではなく、最新技術は技術としての驚き、そしてまじかで触れる歌舞伎の真髄をしった喜びというのはちゃんとユーザー全員わかっていると思います。

これぞ今回の目的。「みんな歌舞伎が好きになる」

今回の超歌舞伎を見るまで全く歌舞伎の知識はまるでないユーザーや観客が多く、29日の1回目上演ではみんなただ感動して見入ってしまったり、いつ掛け声をかけていいかわからずコメントも少なめでしが、回を追うごとに、歌舞伎マニアの適切な解説やコメントサポートで、「大向こう」の掛け声や、所作の名前などがどんどんコメントで流れて、盛り上がりのスピードが加速していきました。

Web-1280

「ここまで本気の歌舞伎を見られるとは思わなかった」という声多数。
ホント、よく決断してくださった!松竹さん!

Web-1266

敵役・青龍の澤村國矢さんがまた渋い!!いい声に震えた!

Web-1290

立ち回りに梯子上り、六方に毛振りまで、初心者でも一度は見たことあるような型を全部乗せしたような華やかな舞台に、「きたぁぁぁぁぁぁぁ」「おおおおおおおぉ」しか出てこないw

Web-1311Web-1317

映像で見ると、獅童さんの滝のような汗がはっきり。役者の狂気と本気を見ましたね。

Web-1337

コメント付で見るのがニコ動ならではの楽しみ方ではありますが、真剣に歌舞伎の舞台を見たい人は、「コメント非表示」で一度見てから、もう一度コメント付きで見るのがオススメです。

そして大団円へ~まるでライブのようなエンディング

物語はクライマックスを迎え、「あまたの人の言の葉(ネット視聴ユーザーの生コメント)」によってとある奇跡が起こり、大団円を迎えます。

Web-1330

そしてそのまま、獅童さんは花道を駆け回り、会場のボルテージは最高潮。

Web-1353

もちろんネットユーザーだって負けません。

「ボカロと歌舞伎がこうもマッチするとは」この一言につきますね。

Web-1383

ボカロ原曲の「千本桜」がかかると、会場の観客は腕を振り上げサイリウムを降り、のりはハードロックのライブ。

Web-1360

「はい!はい!はい!はい!はい!はい!」観客の声をあおります。

Web-1423

ネットで見ると、会場いっぱいの桜吹雪がとてもきれいでしたー。
ラッキーにも会場と両方楽しめて、ほんとうに良かった。

2日間で5回の公演、観客動員数もネット視聴数もぐんぐん伸びて、この熱に浮かされている人は全国に何万人といるでしょう。

ここからさらに「本当の歌舞伎も見てみよう」という人が少しでも増えたら・・いや、絶対増えるでしょう。だって、私、もうすでに行きたいもん。

やっぱり最初は「義経千本桜」ですかね?

「超歌舞伎」のタイムシフト視聴は5/1~2まで。回によって期間が違います。
オススメは30日の大千秋楽かな。他の回にはなかった最後のアンコールの盛り上がりは尋常じゃないですw。

大千秋楽は今日5/1の19:05までなので急いでー!

⇒超歌舞伎特設サイト

⇒ニコニコ動画プレミアム会員のメリットとは?

【おまけ】やっぱりプレミアム会員になったからには、見るよね。

JALの岡本さんの踊ってみたフルバージョン。私を邪魔し続けた(笑)公式カメラが撮った映像がどんなもんなのか・・・。
→私の写したショートバージョン動画はこちら 

Web-1452

岡本さんのカメラ目線を見たい人は「超ニコラジ DAYS1」のタイムシフト視聴で!


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です