4

革製品アイテムは使い込むほど味が出るので、いろいろ揃えたくなるんですが、色のバリエーションが結構限られるもの。
デザインや形は気に入っても、もうちょっとワンポイントがほしい・・・それも好きな色で、となってくると、他の材質(布やエナメルなど)に比べると選択肢が狭まって来ます。

かといって特注するほどの勢いも予算もなく・・・・というときに、丁度いいサービスを知りました。

財布や名刺入れ、スマホケース、システム手帳カバーなどの革製品雑貨を扱う「JOGGO」では、13色の皮から表面の色だけでなく、内側の布やポケット、ジッパーの色からブランドロゴの色まで、すべて自分好みのコーディネートができ、ほぼほぼオーダーメイドに近いカスタマイズが可能というのです。それは楽しそう。
reviews(レビューズ)のサンプリングでモニターの権利を頂きましたので、早速このカスタマイズに挑戦してみることに。

自分の雑貨を買うのもいいけどここはひとつ、旦那さんの財布が古くなってきたので、長財布をカスタムオーダーすることにしました。
ギフト対応も試してみて、いい感じだったら、またお世話になっている人や家族へのプレゼントにもいいかなぁと思って、あえての!実験台です(笑)。

JOGGOでのカスタムオーダーの方法

1.アイテムを選択

まずは、JOGGOのWebサイトから、購入するアイテムを選択します。
今回はツートンカラーがお洒落な「レディースラウンド財布」を選択しました。

長財布はもちろんメンズものもありますが、デザインも違うし、「レディース」とついていても、特に可愛いチャームがついているわけでもなく、中の布地が花柄なわけでもなく、シンプルで少し小ぶりで、女性でも握りやすいというだけなので、色指定次第で全然男性用にもなるので、デザインやサイズ感の好みで選べばいいと思います。

2.パーツのカラーを指定

商品リストから「商品詳細」をクリックすると、デザインのカスタムが始まります。「外側を選択」「内側を選択」でデザイン画面を切り替えます。

2

まずは「外側」から。この財布はツートンカラーなので、まずはメインとアクセントの2色を指定します。決めたい場所をクリックした後、レザーカラーのパレットから好きな色を選びます。

4

次に、「内側」。
財布を開けた中の、カードポケット、ジッパー、蛇腹のマチ部分、札入れ部分のポケットの色などが3色決められます。

迷い始めるときりがないという人は、「インスピレーション」というイメージカラー別の組み合わせテンプレートもあるので、それをそのまま採用したり、それをベースに少し自分好みに修正したりしても構いません。

3.ロゴの字体と色を選択

5

外側中央にはブランドロゴが印字されるので、「ロゴ選択」エリアから書体や色を指定します。

5.刻印したい名前を任意入力

3

中央の小銭入れ側面にオリジナル名入れもできます。(大文字英数字12文字まで)

6.マイデザイン登録で候補をいくつでも保存できる

6

一気に決める時間がない、またはもっといろんなパターンを試してみたい人は、途中までのデザインを保存しておく事ができます。
デザイン別にデザインコードが振られるので、後日続きを作りたいときや、購入手続きを進めたい時にこのコードを指定します。

私も、一応彼の好みの色やイメージを元に合計4パターン作ったんですが結局決めきれず、最後は本人に「おーい!どれがいい??」と聞いてしまいました。

プレゼントはサプライズで「あなたのために一生懸命考えました」系もありですが、最後の仕上げを一緒にというのもありですよね、ね、ね?(念押しw)

でも最後の決済等は自分でこっそりと落ち着いてしたいので、その意味でもデザイン保存は結構重要かも。

7.確定したデザインでオーダー

7

デザインが確定したら「カートに入れる」をクリックすれば、購入手続きに入ります。常に「今注文したらいつ発送されるのか」が表示されているので、注文前に必ず確認しましょう。このデザインはSNSに共有することもできます。

8

最後の確認画面ですべての指定を確認し、オーダー完了!
実はこのアイテム、バングラディシュで手作りされるので、通常はオーダーから3週間ほどかかります。
プレゼントに使う場合はあげたい日から逆算して、少し余裕をもっておくと安心です。

カスタマイズは時を忘れるくらい楽しい!

実際にカスタマイズ体験してみた感想としては、とても簡単で、かつ面白かった!

13色から5色を選ぶって、簡単そうで実はすごい膨大な組み合わせになるので、やってるうちにくどくなったり収拾がつかなくなったり・・・、何度かテンプレートに頼りそうにもなったんですが、「いや!ここはあげる人をイメージしてこだわりのカラーを作ってみよう」と夢中になりました。時間はあっという間に過ぎるので、デザインがいくつも保存できるのがとても便利でした。

作っているうちに愛着もわいてくるので、商品の到着が普通の通販よりも断然楽しみになってきます。
次の記事では、いよいよアイテムの開封の儀と、肝心の使用感をレポートします。

⇒革小物カスタマイズ「JOGGO」http://joggo.me/

次の記事:【ギフト開封&使用編】上品な大人のプレゼントにぴったり「JOGGO」の革小物カスタマイズ

レビューズサンプリングキャンペーン参加中


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です