アマゾンポチ3

最近Facebookにばかり出没していて、TwitterはInstagram経由でしかポストしてない幽霊アカウントの@noporin です。こんにちは。

それでもFacebookより不特定多数からの情報は入ってきやすいので、情報収集の場としては使い勝手がよく、物欲がある時にのぞいたら自殺行為だったりします。

だって、メーカーだのユーザーだの「発売しました!」「買いました!」の嵐でしょ。買わないわけにはいかないじゃないですか(違

そんなところに、最近では「#アマゾンポチ」なるカートまで一直線な機能まであるというから恐ろしい。・・とはいえ、恐いもの見たさにちょっと実験してみました。

#アマゾンポチの使い方

1. Twitterとのアプリ連携を確認
Twitterにログインした状態で、 Amazonソーシャルカートに行き、自分のTwitterとAmazonアカウントが連携されているかどうか確認します。

「ご利用が可能です」メッセージが出ていれば、「#アマゾンポチ」が使えます。
(未連携だった場合は、この画面で連携を取ることができます。

2. Amazonリンク付のツイートにハッシュタグ「#アマゾンポチ」つけて返信

Twitter上に気になるAmazonリンクが流れてきたら、それに「#アマゾンポチ」とハッシュタグ付の返信をするとそのリンクの商品が自動的に自分のAmazonカートに入っちゃうというから驚き。

そそられる商品リンクが流れてこなかったので、自分で流して自分で乗っかってみた会話の概要がこちら↓

返信の内容は「#アマゾンポチ」さえ入っていれば、何を書いても書かなくてもOK。スマホのアプリで書いてると「#アマ・・・」って打ち始めるハッシュタグリストが反応するからなおハードルが下がりますよ。

3.カートに追加された商品を購入する

PCの別ウィンドウでカートを見張ってましたが、カートの商品数は中々増えません・・。
あれ(@_@;)?

一瞬焦りましたが、カートを直接見に行ったらホントに入ってました!

カート数自体は、画面リフレッシュのせいもあるかもしれませんね。

そうこうしていると、Twitterの方にも「Amazonソーシャルカート」アカウントから、「商品があなたのカートに追加されました」との返信が入り、カートへの直リンクがありました。この商品を単体で買う時はもうここからはレジに進むだけ。
スマホで見てる人は、ここからのリンクが一番早いかも。

とりあえずカートに置いといて、他の商品と合わせて買う時はここで終了です。

結局、「#アマゾンポチ」は便利か?面倒くさいか?

いわゆる、「あとで読む」というか「あとで買う」機能ですよね。
気になった時にポンポン入れて、お金がある時にカートのぞいて、適当に取捨選択して買い物・・・という流れはよくある話ですが、モバイル端末でのアクションはかなりしやすいんじゃないでしょうか。

つぶやくだけだからガラケーの人には特に便利かもね。

でも、超面倒くさがりの私にはぶっちゃけ「日本語ハッシュタグ」が苦手。
だって!「#」「アマゾンポチ」って英数と日本語切り替えなきゃならないじゃん(←そこかよっww)

「#amapo」位だったらなぁ・・

とりあえず、下に練習用ツイート用意してみたんで(笑)、やってみたい人は「返信」から「#アマゾンポチ」つけてツイートしてみて!
——————–*———————
【ツイート右下の返信ボタンをクリック】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です