Web-0023858

SONY NEX-6 を購入してもうすぐ1年。

購入時にはお金がなくて「キットレンズに慣れないと!」とかたくなに交換レンズは買いませんでしたが、1年経って自分の好みのジャンルとか画角とかがだいぶ見えてきたので、少しずつ揃えていこうかなと。

以前、モニターで純正のSEL18200や、恐れ多くもツァイス様(Touit1.8/32)を使ったことはあっても、自腹でEマウントレンズを買ったことがない私。

コンパクトなミラーレス機の機動力を失わず、私のうっすい財布も痛まず、かつ描写力の優れた・・・超わがままレンズを探して、決めたのが「SIGMA 60mm F2.8 DN」でした。

SIGMAのDN3本シリーズ(19/30/60mm)は価格帯もレンズ自体も非常にコンパクトだし、いい評判も聞いていたので前から「買うならどれにしよう・・」と思っていたのですが、せっかくならキットレンズの18-55mmの範囲外のを買って、違う世界を体験しようと、60mmに決めました。

欲しくなったら即買いたい私は、ヨドバシ.comで発注後、最寄りのヨドバシカメラに速攻取りに行ってきましたよ。(NEX-6購入時の二の舞はもう踏まないのだ!)

でも、最初に品名末尾の「MFT」と「SE」の意味が分からず、あやうく「MFT」を買うところだったのは安定の家電女子クオリティw。 なるほど、 SONY Eマウントね・・・。
(ちなみにMFTはマイクロフォーサーズ Micro Four Thirds)

SIGMAのプロダクトコンセプト「Art」の証明、憧れの「A」マーク!

うーん、やっぱりブラックボディにはブラックレンズがしっくりきますね。
マイクロフォーサーズ用はブラックが大人気で入荷待ちが1か月以上らしいですけど、Eマウントはセーフ!

取説に「カタカタ音が鳴ることがありますが、故障ではありません」と書いてあって、まさかな・・と思いつつ箱から取りだした瞬間、盛大にカラッカラいってました!
何が外れたのよって位。

カメラに装着して電源ONしたら止まるんですが、いくら仕様とは言えちょっとビビリますよね(笑)。

・・ま、何はともあれ、いてもたってもいられず、玄関から数歩歩いただけで軽く初撮り。
若干露出補正した以外は、ほぼJPEG撮って出しです。

中望遠だから画角は狭いですが、背景がとろーんとボケて、発色もよくて、とっても私好みで早くも大満足。これで1万円台なんて!深いレンズ沼の入口だとはわかっているけど、この値段で新しい視点が手に入るならもっと早く買えばよかったなと思いました

若干ピントが甘いような気がしましたが、このレンズは手ブレ補正がついてないので撮り手の修行が必須(笑)!

NEX-6のフォーカス切り替えを「AF」じゃなくて「DMF」にしておいて、最初AFでピント合わせた後に、フォーカスリングで微調整するとよりピントが正確になったので、これはよい大リーグボール養成ギブスになりそうです。

しばらくは、このレンズ縛りで修行の旅(散歩)に出かけるとします。
その成果はまたおいおい。・・・ってもう何か所か行ってきてるんだけどね。

【関連記事】
SIGMA 60mm F2.8 DN でぶらり(1)江戸東京たてもの園
SIGMA 60mm F2.8 DN でぶらり(2)すみだ水族館


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です