DSC04703

聖地・北海道では、先月堂々13週でゴールした「水曜どうでしょう」最新作。
TOKYO MXで追った私もようやく今日!最終回を迎えます。

・・・長いってっ( ゚Д゚)!!

今回も面白かったですけどね。

全国的に未放送の地域もまだまだありますが、企画をネタバレしないとこの記事の話が進まないので、ぶっちゃけちゃいますが、今回の企画は「はじめてのアフリカ」
初期の名作「マレーシアジャングル体験」や復活第1弾「ジャングルリベンジ」で、あれだけ動物が見られなくてただただヤラレて帰ってきたどうでしょう班が、今度は「動物を腐るほど見すぎていやんなっちゃった」体験するとは・・・。
どっちにしろ、どうでしょうが動物に関わると、いろんな奇跡が生まれるので、今回もお腹いっぱい笑わせていただきました。

さて、この10年間の間、どうでしょう班の装備も、そして私も「どうでしょう」を見る観点もかなり変わってきました。
今回の放送で、私の目が「キラーン☆」となったのは、洋ちゃんのヤラレ顔でも、ミスターの老け顔でもなく、カメラ(笑)。
しかも、かなり大活躍しましたからねー。あのカメラは何?と思った人も多いんじゃないでしょうか?

しっかり録画を止めて、機種を調べてみました。

【ミスターの双眼鏡】


今回の旅では、本編撮影している嬉野DのHTBカメラより決定的な瞬間をとらえて大活躍だった「ミスターの双眼鏡」。


「録画もできるデジタル双眼鏡、ソニー」というキーワードで探したところ、
SONY DEV-3」と判明。
2011年9月発売当時は、世界初フルハイビジョン動画撮影できるデジタル双眼鏡だったそうで、双眼鏡倍率は最大10倍、オートフォーカスも手ブレ補正も効き、なんと3D再生もできるという優れものでした。
北海道ならこれが活躍する所もいっぱいありそうだし、ミスターも新し物好きなんですかね!

動物園と違って、野生の猛獣には近づけませんからね(笑)。個人でもこういうカメラがあれば、プロ並みに・・・って、HTBのカメラは全然寄れなかったけど(笑)!!
現在の後継機は、ズーム最大15倍のDEV-30、25倍のDEV-50Vなどがあり、動物観察だけでなく、スポーツ観戦にもいい動画が撮れそうですよー。ソチ五輪観戦に行く人は今からでも間に合うかも?

【平原の景色を撮った車載カメラ】

どうでしょうのカメラは基本的に車の中からの撮影ですが、今回は車のボンネットに取り付けたアクティブカメラの映像でも、素晴らしいアフリカの大地を満喫できました。

そう!アクティブカメラといえばコレ。「GoPro HERO3」ですね。
スケルトンハウジング付の「HERO3 シルバーエディション」のセットあたりなのかと。 現在の後継機としては、昨年11月に20%軽量化と30%バッテリーの持ちが30%改善された「HERO3+」が発売されています。

サクションカップマウントでボンネットに取り付けて、GoProアプリでリモートコントロールと・・・イマドキになりましたね、どうでしょう班のハイテク化!

その甲斐あって、「水曜どうでしょう」らしからぬ、格調高い映像がたっぷり「腐るほど」味わえました。これは私も撮ってみたいー。あまり車で遠出しないんだけど(笑)。このためだったら北海道行ってもいいなぁ。

次の新作は、さて何年後、どこへ行くんでしょうか。
昔からのファンとしては、どうでしょう班4人だけで旅できる、あるいは遊べる「極ショボ企画」が希望なんですけど、こちらも「一生どうでしょうします」宣言した以上は、ただただ待つのみです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です