デジカメ・スマホからどこでも写真共有。トレンドマイクロ「JewelryBox」ファーストインプレッション

デジモノ家電 写真


DSC01977

ウィルス対策ソフト「ウィルスバスター」などでおなじみのトレンドマイクロから、新しく写真管理ツール「JewelryBox(ジュエリーボックス)」が発表され、7月3日からオンラインショップで予約販売が始まりました。

7月19日の出荷開始を前に、実はトレンドマイクロ株式会社様のご厚意で一足先にモニター利用させていただくことになり、先日到着しましたので、まずは概要とファーストインプレッションを。

JewelryBox(ジュエリーボックス)とは?

JewelryBoxは、デジカメ、スマホ、タブレットなどで撮影した写真を、ネットワーク経由あるいはSDカード経由、USB接続で取り込んで管理するデータ保存端末です。
ネットにつながる環境なら、どの端末から映したものとかを意識せず、いつでもどこでも写真を閲覧・ダウンロードができるので、デジカメで写した写真をスマホからアクセスしてFacebookで共有、なんてこともできるわけです。

また、HDMIケーブルでテレビにつなげば、JewelryBox内に保存した写真をスライドショーで流し、大人数で同時に楽しめます。

JewelryBox内のデータはトレンドマイクロ社が管理するインターネット上の保存スペースにバックアップされます。
どうして今写真管理ソリューションを「トレンドマイクロ」で?と思っていたのですが、データセキュリティ面で考えれば預け先としてはなるほど安全かも、と納得。

ただし、「完全なるデータバックアップ」ではありません。

最近のデジカメ・スマホの撮影画像はかなり高画質で巨大サイズになるので、JewelryBoxやオンラインスペースに取り込まれる時は、写真は350MB程度のJPEGに、動画がMPEG-4に変換されるため、正確なオリジナルデータを保管したい人用のバックアップツールには向きません。

写真を撮った後は、みんなに見せたい時もデジカメやスマホ上だけで見るとか、SNSで共有するのが多いというユーザー層をメインターゲットに、閲覧やアップロードの快適さを第一に考えての軽量化でしょう。

JewelryBox 開封の儀と簡単な使い方

箱は本当に宝石箱のようなシックな意匠で、開けるドキドキ感があります。
そろぉ・・・っと開けてみると・・・

半径15cm程度の手乗りUFO?! もう少し「外付けHDD」的なごついストレージを想像していましたが、何とも可愛らしいデザインでした。
私がお借りしたのはブラックですが、ホワイトもありますよ。

光るランプとボタンで顔に見えるよぅ・・・w。

JewelryBoxをで画像を管理・共有するには、まず自宅のインターネットネットワーク上に接続する必要があります。
ネットワークの初期設定はいろいろ方法はありますが、私は無線LANルーターのWPSボタン(かんたんwifi接続)を使って、JewelryBoxを認識させました。
ステータスランプが青く点灯したら、無事ネットワーク内に接続された合図です。

さて、JewelryBoxへ画像を取り込む方法は主に3つ。

1)パソコンにJewelryBoxソフトウェアをインストール

すでにパソコン内に保存されている写真をフォルダ指定で取りこむことができます。
その後は、指定フォルダに写真が保存されると自動で追加されるような設定も可能。

2)スマートフォン・タブレットにJewelryBoxアプリをインストール

すでに端末内に保存されている写真を取りこむことができます。
その後は、写真撮影と同時に自動で追加されるような設定も可能。

3)SDカードやケーブルを端子に差し込んで自動取り込み

SDカードをスロットに差し込むと中の画像が自動的に取り込まれます。新規撮影分と既存取り込み画像が混在している場合は、差分だけを取り込みます。また、デジタルカメラをUSBケーブルで接続しても、SDカードと同様に自動取り込みされます。

あとの閲覧は、パソコン、スマホ、タブレット、テレビ・・・どの端末からでもお好きにどうぞ。

JewelryBoxのファーストインプレッション

端末デザインはとてもシンプルで、有線でLAN接続しない限りは部屋のどこに置いてもいいので、インテリアを邪魔せず、老若男女問わず違和感のない端末だと思います。

使い勝手としては、ほぼ自動化できる直感的な取り込み手順で、パソコンやデジタルガジェットの知識が深くなくても使えるようにと考えられていると思いますが、最初の関門はやはりネットワーク接続なんでしょうね。

私が使った手順(JewelryBox電源ON⇒ルーターのWPSボタンを押す⇒JewelryBoxのwi-fiボタンを押す)が一番簡単だと思うんですが、それでも何度か失敗しました。通常のセオリー通りに行かなかった時の対処に困る場合は、ネットに詳しい人がそばにいると安心かもしれません。

無事つながって、写真が取り込めれば、共有はかなり楽しいのは事実。
私はあまりテレビにつないで写真を見るということはしませんが、デジカメで撮った写真をスマホからFacebookやTwitterで流したりしたい時にはすごく重宝しそうです。

現在手持ちのカメラ SONY NEX-6からもwi-fi転送できるんですが、遅いし、イマイチつながりも上手くいかず、いらいらしていたところだったので(笑)、一気に取り込まれている中から、好きな写真を探して共有するのが楽しみ!

このJewelryBox、今月いっぱいお借りできるそうなので、また使いやすい点や使いにくい点など詳しい感想は、別途記事にしたいと思います。

・詳しい商品説明・仕様⇒トレンドマイクロ「JewelryBox(ジュエリーボックス)」特設サイト


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です