ペンタックスリコー、究極の「GR」発表!でも今だから GR Digital IVを使いたい

PENTAX ブログ 写真


2013-04-17 22.35.55

本日、ペンタックスリコーからGRシリーズの最新機種「GR」(2013年5月下旬発売)が発表されました。
→GRシリーズ最高画質のコンパクトデジタルカメラ「GR」新発売(ニュースリリース)
本来なら「GR Digital IV」の後継機という位置付けからすると「GR Digital V」のはずですが、あえて「GR」としたということは、面倒くさかった、まさにGRの中のGR、「THE GR」といったところでしょうか。

そりゃ、ほしいですよ!
憧れのGRブランドですもん!めっちゃコンデジサイズなのに、一眼レフカメラと同じAPS-Cサイズセンサー搭載なんですもん!
フルHD動画にブリーチバイパスつけれるの?まじでか!
何!RAW現像ソフトの「SILKY PIX(LITE)」同梱だと!めっちゃいいやん!

欲しい。正直欲しい。
でも今回の「GR」は実売価格8~9万円。私の今の気持ちと財布は「SONY NEX-6」さんにぎゅっとワシヅカミされているので、浮気はできません。まさに婚約中で、入籍間近なところまで来てるんですから、心乱してほしくないわけです。
→ペンタックスリコー「GR」予約スタート(デジカメオンライン)

そこで、ふと思いました。

そもそも私はまだ去年ようやく買った「GR Digital IV」を使いこなせてない!星のインターバル合成も撮ってないし、多重露光アートも、スローシンクロも、まだまだまだやってないことが沢山ある!

「THE GR」を触るには、まずは「GR」を十分味わわなきゃ。
百万三年ほど早かったデス。

今日、あらためて、初めてGR Digitalを手にしたことを思い出してました。

これが私の「ファーストGRショット」。

ずっと使ってみたかったブリーチバイパス効果です。通常のカラーだと普通の風景も、ちょっと色を落として陰影をつけるだけで、映画のワンシーンのような情緒が出てくるこの雰囲気が好きです。

モノクロ、ビビット、クロスプロセス・・・・、私が歩くその道をいろんな色で写したくて片っ端から撮りました。

GRシリーズは先代からずっと続く「単焦点レンズ」。基本はズームが効かないので(おまけのデジタルズームはあるけど、あれはほんとのオマケw)、アングルと構図を決めるのは、自分。自分が見える風景がGRで撮れる風景なので、その時の自分の心情まで表れているような気がします。

でも、基本的に陰影をつけたがるので、きっと根が暗いんだろうな、私w。
良く言えばクール?

暗い色もいいけど、パっと鮮やかなカラフルフォトも撮るときゃ撮るんですよ。

絞りの開放値は「F1.9」で明るくて背景もきれいにボケてくれるし、あ、あと生粋のマクロ星人ですから、無意識に寄っちゃうわけですよ。そもそもRICOHに目覚めたのは、マクロがすごいから。私のRICOHデビュー機「R10」はまだまだ私の中での名器です。

はぁ、やっぱり「GR Digital IV」いいわぁ。うん。
今日の「GR」発表でそわそわした人も、今だからこそ「GRD4」デビューもいいんじゃないでしょうか。きっと、新機種発表を受けて、いいお値ごろになってくるでしょうしね♪

【GR Digital 関連記事】
RICOH GR Digital IV で撮る銀座スナップ
【速報】RICOH GR DIGITAL IV ユーザーになりました
ブリーチバイパスで六本木ヒルズを撮る with GR Digital IV
サラリーマンの帰り道 with GR Digital IV
夢の市場祭り with GR Digital IV
2013年3月15日の渋谷駅 with GR Digital IV
嵐の後の春散歩 with GR Digital IV


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です