DSC_0029

CP+2013で気になったカメラレポ・第2弾は「FUJIFILM X100S」です。

CP+会場では2月23日発売予定のプレミアムコンパクトカメラ「X100S」と「X20」のタッチ&トライに連日長蛇の列。そもそも世界中であまりの反響の大きさに発売が延期されているだけに、実機を楽しみにしている人がこんなにいるということですね。

男性9割、しかも年齢層お高めの行列にちょいと場違い的なビビりもありましたが、私も意を決して並びましたよ!今年の一番のお目当ては「X100S」でしたから。

30分待ってようやく手にしたX100Sは、どっしりとして手になじんで、どこか懐かしく、あぁ昔のカメラってこうだったよなぁみたいな感覚。どのメーカーのどの機種に似てるというわけではないけど、ボディの質感といい、シャッターの形といい、カメラというより「写真機」という言葉がしっくりくる存在感でした。
今のコンパクトデジカメは「薄く・軽く」の傾向がありますが、手にしっくりくるのはこの位のボディの幅と厚みが必要なんじゃないでしょうかね。

特に私が「ズキューン」と来たのは、シャッタースピードと露出調整が独立ダイヤルになっていること。これはXシリーズの前機種から多くの機種についているそうですが、X100Sではさらに、メモリの間隔やダイヤルの重さなどを調整して、よりユーザーの使い勝手を向上したとのこと。

最近ようやく「AUTO」オンリーの初級者撮影から少しずつ脱却し、絞りや露出、シャッタースピードを調整する楽しさを覚えてきた「中の下」級者にとっては、この2つのダイヤルは神です!

液晶パネルからメニューを探したり、機能割当てボタンを切り替えてから調整するカメラが多いので、初心者からステップアップをしようとしている人が必ず一度は壁にぶち当たるこのシャッタースピードと露出調整は、こういうシンプルさが一番わかりやすいんですよ。

シャッタースピードは「動きを止めるか流すか」、露出は「明るいか暗いか」、そう単純に考えて、ファインダーをのぞいたままで指でクルクルしながら好きなイメージに近づける。この作業は、撮影レベルの差なんてありませんよね。

そして、やっぱりカメラは「覗いて」撮りたい。ファインダーがついてて、一眼レフにも決して負けない高品質高画質で、ピントがあう速度(AF)がめっちゃ早い、などなど機能面でも言うことはない、憧れのカメラです。
文句なしのキレイ写真にもうキュン死寸前です・・・ワタシorz。

この日説明してくれたお兄さんともカメラの説明だけでなく、カメラライフ談義で盛り上がってしまいました。

X100Sは単焦点レンズなので、ズームはきかないし、レンズも替えられないから「撮るシーンが限られる」という考え方で捨て置かれるようなカメラじゃない!「X100Sだからこそ撮れる写真を撮りに行くのだー!」とか。
このカメラは使い込んでシルバーのボディがちょっと傷がついてきた頃がかっこよくなるんですよねー!とか。

でた!経年変化萌え!

はい、お兄さんにもキュン死確定。
CP+の説明員ってゲレンデのスキーヤーレベルで魅力倍増ですよね。(普段は・・・・どうこういうつもりはありませんけどw)

こんなん持つのオッサンばっかりやろ(だから私が反応するんやろw)、と思いきやとんでもない。最近私の周りでは若い女性が続々購入しています。「初めてのカメラがX100なんですー」という女子大学生、超かっこいいっす!いいオンナになりますよ!

持って嬉しい、撮って楽しい、飾ってカッコいいの X100Sは、『趣味なら本気で』からもう一歩、

『趣味なら本気でスタイリッシュに』

とつけたい全部乗せカメラでした。

予算と用途に合わせて選びたい FUJI FILM Xシリーズ

FUJIFILM のプレミアムカメラライン「Xシリーズ」は、X100Sの他にも、予算や用途によって魅力的な選択肢が沢山あります。

X100Sと同時発売される「X20」は4倍ズームレンズが付く分、撮れるアングルやシーンも増えます。多くのカメラと同じようなモードダイヤルもあるので、使い方は迷わないと思います。X100Sのプレミアム感と高性能も欲しいけど、やっぱりちょっと予算オーバー・・・という人は、ほぼ半額のX20は相当なお買い得感がありそうですね。

Xシリーズ初のカラーバリエーションができた「XF1」。とにかくシャレオツっす。

液晶もまたキレイ・・・。撮ってて超テンションあがるんですが、これがパソコンで見ると結構ピントが合わせきれてないことがあってがっかりするんだよなぁ(笑)。
これはカメラの問題じゃないんだけど・・・orz
AFの速さや画質は上位機種にまったく引けをとりません。
⇒X100S、X20、XF1の仕様比較表(価格.comより)

いろんな被写体や距離を楽しみたい人はやっぱりレンズ交換式の「X-E1」や「X-PRO1」。

何本か交換レンズを持っても、カメラボディがこのサイズなら旅行や外出でも荷物が小さくていいわぁ。
ま、レンズ沼にハマルと失う金額は大きいけどもっ!!!

フジフイルム FUJIFILM X100S [純正ケース]セット

【CP+2013 関連記事】
【実機動画あり】4月オンライン限定発売のCanon PowerShot Nの面白さ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です