第2回東京ブロガーミートアップに参加してきました。

イベントレポ ブログ


R0012169

今日は会社帰りに「第2回東京ブロガーミートアップ」へ参加してきました。
「東京ブロガーミートアップ」とは、ブログ「ムジログ」の@wackeyさんを発起人としてスタートした勉強会で、自分以外のブロガーさん達がどんなことを考え、どんな目標を持ち、どんな悩みを持ちながら、自分を表現・発信していくのかを知ることによって、自分のブログを見つめ直す「ブロガーのブロガーによるブロガーのためのミーティング」ですね。

→ 東京ブロガーミートアップ設立趣意書 – ムジログ

第1回から参加したかったんですが、募集と同時にあっという間に定員となり、第2回も「募集スタートでーす」というfacebookの書き込みを見てもう2時間後にはあと一人まで埋まって、最後の一人にギリ滑り込んだ私です。

第2回のテーマは「マネタイズ」。
平たくいえばブログでいかに稼ぐかですが、ブログ上でのアフィリエイトやGoogleアドセンスなど広告収入の他に、ブログをベースとして自分をアピールし、PC講師やイベント講師やWebデザインなどの依頼へと結びつけるなど、「自分という商品価値をどう表現するか」を、個々に発表していく場でした。

2時間のミーティングで、参加者18人。一人のプレゼン時間は5分。
5分で「自己紹介とブログの紹介やコンセプト、マネタイズに対する考え方、実践、成果と体験談などを話した後、他の参加者1名からの質疑応答」って!!(うそでしょw?) しかも一人一回は必ず意見を求められるので全員のプレゼンを真剣に考えながら聞くという緊張感。

話をまとめることは可能なんだろうけど(ま、できてなかったけどw)、プレゼンしてもらった内容についてもっといろんなことを教えてもらいたかったり、聞きたかったりで、どんどん時間はおしていき、最後の一人のプレゼンが終わったと同時にあと2分で撤収・・・という慌ただしく閉会の時間となってしまいました。残念。

きっと、この後の懇親会が「(真の)東京ブロガーミートアップ」です。
全員のプレゼンで、気になったポイントをディスカッションとかしていることでしょう。
私もみんなにあんなことこんなこと聞きたかったし、私のことも知ってほしかった。
切り抜きジャック」の@tamkai さんに「ブログ、大好きです」と告白したかったですよ(シラっと言ってみたw)。

何故、私はこんな日に風邪をひく・・・。゚(/□\*)゚。

私一人、泣く泣くそのまま帰宅し、スリーエフの「ベーコンきのこのチキングリル」弁当と生茶をちびちび食べて今に至ります。

参加者の皆様、咳が止まらずオネエ声でわかりにくいプレゼン、失礼しました。

本当はこう、小鳥のさえずりのような軽やかな声で、小首をかしげながらたまに手振り身振りを交えつつ、絶妙トークでですね?

「今日は実は場所を勘違いしてまして、表参道で優雅にホットミルクを飲みながらプレゼン内容を考えてたら、渋谷だったので慌てちゃいました♪テヘペロ」でツカミはOK、(←つかめる訳もなし)

「家電女子.net」の他にも、最近では「電子書籍リーダーズカフェ」なんてゆー趣味のサイトも始めましてね、ネタのために買った書籍リーダーは4台、あ、明日もう一台予約するので5台でした♪キャハ(●´∀`●)」とか恥らいつつ、(←恥を知れ)

「単なる端末の比較サイトにするよりは、SONYReaderは角がとがっているので、ダンナさんを殴るなら角丸なkobo touchの方がソフトタッチでいいみたい・・・的な使用感をレビューしたい」などというオチをつけ(←いつか地獄におちるぞ)、

という予定でお話しするはずでしたが、体調不良につき割愛させていただきました。

かなり慌ただしいミーティングではありましたが、まとめますと・・。

ブログって、単なる情報発信の場だけじゃない。
言葉のチョイスやテンポで「その人そのもの」が表現されているんだなぁと思いました。
同じ商品をレビューしても、その人の背景・体験・経験によって全然違う記事になるのが、怖くもあり面白くもあり。

悩み、戸惑いながらも進んでいく。何も無駄な経験なんてないんだ。
全部自分の味になると思えばいい。そう再認識させられた、エキサイティングな2時間でした。
一方的に講義を聴くセミナーより、たった一言ずつでも会話を交わせるこうしたミーティングはとっても貴重な経験です。
興味がある人は、次回是非!

よし、決まった!寝る。 


« »

“第2回東京ブロガーミートアップに参加してきました。” への1件のコメント

  1. […] より多くのパターンの話が聞ける、ディスカッションをするにはこうするのがまずは良いのかな、と思っています。 家電女子.net » 第2回東京ブロガーミートアップに参加してきました。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です