pw

私が「Kindle予約スタート!」の第一報を知ったのは、遅めのコーヒーブレイク中だったかな。何気にTwitterを見たらもうTLは「キターーー!」「キタコレ」「今日かよ!」の嵐。もう少しでコーヒーの紙コップ握りつぶしそうになりましたもん。
やられた・・・ふいをつかれた。
今日「ついに iPad mini発表!それでも私が iPad mini を買わない3つの理由」って記事アップしたばっかりだぞっ!
帰宅したら「iPad miniは来たぞ!Kindleはまだか!」みたいな記事を書こうと思っていたんだぞ!

「もう帰りたい。゚(/□\*)゚。帰ってポチって、ブログ更新したい・・・」と心で叫びつつ、終業時間まで長かったこと長かったこと。

それにしても、iPad miniの発表日にぶつけてくるなんて、アメリカさんのつぶしあいは露骨(笑)。
すべてはAmazonのシナリオ通りなのか、それとも準備が遅れて、気が付けばAppleの発表も目前となり、「だったらウチもやっちゃう?」的な?(←それはナイw)

急いでAmazonのトップページを見るとあのお手紙が。

TOPページにお手紙って、アメリカの企業ってこういうこと好きですよね。
Appleもそうだけど。
ノスタルジー・・・。もう5年ですか!早いですよねぇ

実はSONY Readerだってその前に欧米で電子ブック展開してたのになぁ(´・ω・`)。
時代が早すぎたんですかね。そしてもう一度立ち上がった時は、ビミョーに乗り切れないのが、寂しい限り。

キンドル日本版3機種はほぼ予想通り

まぁ予想も何も、現行の最新・最高機種から順当のベスト3が発売されるようです。

Reader、kobo同様、白黒電子ペーパー端末の「Kindle Paperwhite
(wi-fi版:8,480円、3G版:12,980円)

去年発売のカラーKindle端末で、CPU・メモリ・電池容量を強化した「Kindle Fire」(12,800円)

そして、そのfireの後継機種、HD対応の高画質ディスプレイとドルビーオーディオ搭載のエンタメ端末「Kindle Fire HD」(16GB:15,800円、32GB:19,800円)

1万円台っていい響きだわぁ。同じ日にiPad miniの値段を聞いてたからか、オトク感倍増って感じ。
もちろん、用途やスペックが全く違うので、比べられても・・・ということは重々承知の上で、一発で堕ちました(笑)。

ここまでの心理作用を計算の上での発表タイミングだったとしたら、
・・・Amazon、恐ろしい子(;゚ω゚)・・・(月影センセイ風)

私が選んだのは「Kindle Paperwhite」 その理由はコレ

と言うわけで、Kindle、先ほど無事ポチりました。
チョイスは「Kindle Paperwhite wi-fi 版」 。

だって、「電子書籍リーダーの最高傑作」って言っちゃってるもの!
とりあえず、コレクターとしては基本(?)買うでしょう。
koboとReaderとの電子ペーパー三つ巴比較もしたいので、極力スペックをそろえるためにwi-fi版を選んでみました。

3G回線契約無しで通信ができる3G版も魅力だけど、私には外でのダウンロード欲求がないこと(これまでの電子書籍生活で実感済)と、あまり容量が大きいと3G接続でダウンロードできなかったり、Webブラウザはwi-fi接続が殆ど(一部ページを除く)など、いろいろ制限もあることから、4千円上乗せしてまで買うこともないかなぁと。近い将来wi-fiモバイルルーター持つだろうし。

Kindle fire HD はAndroidであってAndroidではない

fire や fire HD で利用するアプリは「Amazon Android アプリストア」からダウンロードしますが、Kindleは純粋なAndroid OSではなく、Androidベースの独自OSなので、「Google Play」のマーケットアプリはダウンロードできません。

カラー電子書籍だけじゃなくて、動画も見たい、ゲームもしたい、アプリも使いたい・・・となれば、amazon独自のアプリストアだけしか使えないよりは、汎用性があるAndroidアプリを使える他のタブレットでええやん。
ということで、fire HDの役割は「Nexus7」にお願いしようかと思ってます(笑)。

私のKindleは12月2日頃発送予定。
ものすごい勢いで予約されていると思うので、もし誰かのクリスマスプレゼントに考えている場合は、早めに予約しないと間に合わないかもしれませんよ。

—-*—-

あのAmazonからの手紙はこう締めくくっています。

「本当に知ってほしいのは、Kindleはサービスでもあるということです。Kindleはソフトウェアをインストールする必要もなく、初期設定も不要です。」

どこぞの端末のように初期設定でご迷惑をかけるなんざ愚の骨頂と。
何ですか、このサクッとした挑発w。
・・・Amazon、恐ろしい子・・(;゚;д;゚;)

→Kindle Paperwhite 詳細ページ
→Kindle Fire 詳細ページ
→Kindle Fire HD 詳細ページ

【追記】

そしてついに、ウチにKindle Paperwhiteがやってきました。
待ちに待った感動を・・・と思ったら、まさかあんなことになろうとは。。。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です