DSCF8027

前の記事:FUJIFILM FinePix Z1000EXR レビュー(2)これは詐欺ではない!美の追求だ!

前の記事で「キレイな人はもっとキレイに、そうでない人はそれなりに直してキレイに」撮れる機能を活用したので、やっぱりこれはみんなに見せたい!Facebookで自慢したい!ところだけど、デジカメ写真だとPC経由でないとなかなか難しい。
これがスマホならなぁ・・でもやっぱりデジカメで撮った方がキレイに撮れるんだよなぁ・・・・
そういうジレンマが増えてきたからか、最近デジカメ界でやたらめったら見かける「スマートフォン通信」。
一度やってみたいと思っていたところ、FinePix Z1000EXR にもついていたので、早速やってみた。

F1000EXRからスマートフォンに写真を送信する方法

手順は簡単。

1.スマートフォンに専用アプリ「FUJIFILM Photo Receiver 」(無料)をインストールし、アプリを起動する。
2.FinePix Z1000EXRで、スマートフォンに送信したい写真を再生表示する。
3.再生表示から「送信ボタン(wifiマーク)」を押し、続いてアプリの「接続する」もタップする。
(取説には“同時に”と書いてあるけど、慌てず一つ一つ押していけばいいです)
4.wifi接続を介して、写真がスマホへと転送される。

ちなみに、別のWifiアクセスポイントに接続中だった場合、Androidは自動でZ1000EXRへとアクセスポイントが切り替わりますが、iPhoneだと手動で切り替えが必要です。
転送後は、特にアプリ専用フォルダに入るわけではなく、通常のメディアライブラリに入るので、スマホカメラで撮影したのと同じ手順でSNSなどに投稿ができます。

【iPhone・iPad用】

FUJIFILM Photo Receiver 1.1.1(無料)FUJIFILM Photo Receiver - FUJIFILM Corporation
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント
販売元: FUJIFILM Corporation – FUJIFILM Corporation(サイズ: 2.1 MB)

【Android用】

FUJIFILM Photo Receiver
FUJIFILM Corporation
価格:無料

FinePix Z1000EXR を使って感動をそのままに、思い出は美しく共有しよう

私もよくスマホで街撮りや食べ物撮ってFacebookやTwitterにアップしますが、先日この実験用にZ1000EXRからスマホに転送して投稿したら、いつもよりかなりの「いいね!」をいただきました。やっぱりキレイな写真は印象が違うのかな。(ネタにもよるんだけどw)

同じ写真をスマホでも撮ったけど、明るさとかピントの合い方とか全然違う。
最近のスマホは下手なデジカメより画素数アップもしてるけど、画角の広さとか微調整のきめ細やかさを考えると、やっぱりデジカメでしか撮れない写真もあるので、自分が伝えたかった感動をブレなく伝えたい時はデジカメ写真を見せたいですよね。

また、Facebookで昔の仲間と何十年ぶりに再会することもあります。

飲み会とかで近況を伝えたいんだけど、スマホだと団体写真の顔がわからない画質だったり、アップで撮ったら撮ったで「うわ、直したいーーww」と思うこともしばしば。
そんなときには、このZ1000EXRの機能を駆使するといいんじゃないか!みたいな。
この老け顔を見られたくない・・と思った時は前の記事に書いた「フェイスレタッチ」使って、それをスマホから送っちゃえ!

思い出は美しくとどめたっていいじゃないか!!!

ただし。
「あれー。昔と全然変わってないねー!つか、キレイになったね?」なんてコメントがつこうもんなら、もう決して会えませんけど(笑)?
嘘はつきとおせば真実になるのですヨ。(しらーっと言ってる自分が怖い)

写真は瞬間を切り取り、記憶を残し、人と共有でき、感動は伝搬する。
写真好きとしては、カメラはカメラとしての進化を遂げることがだけが喜びなんじゃなく、いろんなツール・家電との連携ができるようになることで、意外な写真の可能性を見つけられ、また深い意味で写真が好きになるような気がします。
Z1000EXRはそんなことをふと思ったカメラでした。

【関連記事】
・FUJIFILM FinePix Z1000EXR レビュー(1)ファーストインプレッション&実写画像
・FUJIFILM FinePix Z1000EXR レビュー(2)これは詐欺ではない!美の追求だ!

15811-1529-277907
15811-1529-277907

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です