フジパン春のキャンペーンでミッフィールンバを当てるぞ!

現在、のぽりん家には「フジパン摂取令」が施行されています。
朝は厳守、おやつも極力フジパンで。
(ただし、応募券ついてないものは食べ物と思うな!)

それもこれも、「フジパン90周年キャンペーン」のせいですよ。

→フジパンキャンペーン情報ページ
はい、ミッフィールンバ!ド━━━m9(゚∀゚)━━━ン!!

ルンバかわいいよ、ルンバ。(*´д`*)ハァハァ・・おやすみカバーがまた萌えポイント。
10点でルンバ、5点でトースターってこのギャップも突っ込みどころ満載なんですが、もう私の眼にはルンバしか入っていません。

そもそもルンバっていくらするんだ?

このミッフィールンバは、ルンバ537
数あるルンバシリーズの中でもいわゆる「スタンダードモデル」というやつです。

→ルンバ537詳細ページへ
ロボットならではの高い清掃能力と優れた機能性を十分に実感いただけるスタンダードモデルです。 お掃除完了、またバッテリー残量が少なくなると、自動でホームベース(充電器)へ戻り充電を開始します。(自動充電機能)【iRobot公式Webサイトから抜粋】

¥59,800(税込) (iRobot 公式オンラインショップ価格)

高機能モデルのルンバ700シリーズのようなスケジュール機能(1週間分の掃除時間を指定)や、ごみセンサー(重量が軽いごみにも反応可能な高感度のごみ検知機能)などはついていないけど、ルンバの醍醐味といったら「ホームベース」機能!
電池がなくなったり掃除が終わったら、かわゆくウゴウゴとホームベースへ帰ってゆくあの姿が見られれば十分です。

この「ルンバ537」の公式ストア価格は59,800円。
楽天市場などで検索をかけても、まぁ5万円代が相場です(国内正規品の場合)。
サポートは使わない!壊れても自己責任でよければ、海外輸入品やリファービッシュ品は3万円位だけど、実は国内正規品って日本のユーザー用に微調整されてるから、サービスとかトータルでも安心。

いくら食べればルンバに応募できるのか?

さて、このルンバに応募できるのは10点コース。
私が買った食パン「本仕込み6枚切り」や「バターロール」には1点ずつついています。
それぞれ160円前後(近所のスーパー価格)なので、2点で320円。
10点(応募1口)までに1600円
終了の5月末までに食べるペースを考えても2口・3200円が限界点か。
えーい!もう5月までの食材はすべてフジパンで(笑)、と覚悟してもMAX50点・8000円も食べたらもう嫌いになるわ!
ちなみに応募券は普通の1個単位の菓子パンにもついているけど、1個150円でも0.5点なのでウチの場合論外(笑)。

パンキャンペーンって案外地道で過酷なのねぇ・・・・。ふぅぅぅ。
某ヤマ○キ春のパン祭りのような全プレではないので、「食べれば報われる」わけでもないし、実はウチはパンといえば「超熟派」なだけに、かなり修行の域になるな。

ヤフオクでは30点・50点取引がざら!

計算しているうちに、ちょっと悪魔の声が聞こえまして、禁断のヤフオクを覗いてきました。
→Yahoo!オークションで「フジパン 応募券」で検索

30点800円とか安っ!3200円かけても20点しか集められないのに??萎えるなぁ・・・。
てか、この人どんだけ食べるんだよ、フジパン(笑)。
まぁヤフオクなんで落札時にいくらになっているのかはわかりませんが、仮に50点を2000円で落札できたとしたら、8000円分食べるより6000円もオトク!ちょっと手を出したくなるレートです。

しかし、良くも悪くもなんでも売ってるんだな、ヤフオクって。そして何でもお金になるんだな。

そもそも、ルンバさん、ちょっと前にウチにいたんですよぅ。だから帰ってきてほしいんですよぅ。
私達、あんなに仲良かったじゃないですか!カムバーーーク!ルンさーーーん!

【在りし日のウチのルンバさん動画】

【過去レビュー記事】
・ココが知りたい!自動掃除機ルンバの謎 BEST5
・2LDKで自動掃除機ルンバを使うための3つの難関


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です