DSC_0830

大盛況のうちに閉幕した今年のCP+。4日間で延べ6万人超の来場者があったんですってね。そりゃ、混むっつーの。
私は初日に続き土曜も行きましたが、やっぱりカメラメーカーブースは軒並み大混雑。
今回はダンナさん連れだったので、さぞかしカメラブースに未練が・・・と思いきや、そこは似た者夫婦といいますか、はっきりいって「機材萌え」の二人。
本体はそこそこに、三脚・バッグ・カメラアクセサリーのブースを行ったり来たりしていました。

今年も「カメラ女子」「写ガール」(どっちでもええがな・・・)をターゲットにしたグッズも多く見受けられ、可愛いストラップもそこかしこ。
私も一応女子のはしくれですから、こういうストラップ見ながら「カワユスなぁ・・」とか眺めていたわけですよ。
Lusikka のストラップ

するとダンナさんが一言。 「キャラじゃない。」
えーっと、てことは、イコール・・・・?
「女子じゃない」
「女子じゃない」
「女子じゃない」

私は、さすらいの旅に出ました。私に似合うストラップはどこにあるのか?
とりあえず、「Nikon」純正ストラップからはそろそろ卒業したい。
そもそも私のキャラってなんなのか?

ふと目に留まったのは、ブラックラピッド[BLACKRAPID]。我ながら渋い。
というか、周りで使っている人がたくさんいて、「すごく使いやすい!」と聞いていたので、前から気になっていた斜め掛けストラップです。

通常のストラップはカメラの横につなげるのが、ブラックラピッドのストラップは底面の三脚ネジに取り付けるので、カメラが逆向きに吊られて体の横にピッタリフィット。
両手が自由に使えるし、歩きやすいし、撮りたいときにはぐるんとストラップが回るだけというカッコいいストラップなのですよ・・・・。

ブラックラピッド 女性用ストラップ RS-W1

おぉ!女性用カメラストラップ RS-W1もあるではないか!ブラックの中にも花柄でかわいいもんね。
と言うと、後ろからダンナさんにいきなりはたかれて、私は「????」。

「柄じゃないんだよ!体のラインにあわせたカーブがあるから女性向けなんだろが!」

体の、ライン?腰のくびれ・・・じゃないし・・・・。
あっ!!あーーーーーーーーーーー!!

気が付くまでどのくらいかかったでしょうか。

なるほどね。胸のふくらみをさけるカーブなのかっ!
そしてそこに添うようにカーブすることで、カメラも安定と・・・!

すると、またダンナが言いました。「必要ないからか・・・」

「必要ない」
「必要ない」
「必要ない」

ってことは、つまり、

「女子じゃ・・(ry」

せめて、こういうナイスボディだったら、説得力もあるでしょうねぇ。この計算しつくされたストラップのラインが。

念のため、後で実際に見本のストラップを自分のカメラに装着してみましたが、ものすごい動きやすく、カメラが持ちやすかったです!
きっと一日カメラをさげていても疲れないのではないかしら。

くっ!絶対に買ってやる、家電“女子”の名にかけて !!

——————————————————————–


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です