wordpressデザイン本

この「家電女子.net」を立ち上げるにあたり、念願だったWordPressデビューを果たしましたー。苦節何年?

長い間無料ブログにどっぷり楽してたので、以前せっかくWebデザインを勉強したのに、その知識を眠らせて・・というか、腐らせて、むしろ退化したんじゃね?みたいな自分に鞭打って、とうとうWordPressで独自ドメイン!

普通なら、最初はかっこいいテーマ(テンプレート)を選んで・・・だけど、それじゃ同じだ!人の作ったテーマは細かいカスタマイズもしにくいし・・・ということで、だったら「真っ白から作ったろうじゃないかい!」と思い、この本を買ってきました。

WordPressデザインブック3.x対応(エビスコム著/ソシム)

WordPressそのものを初めて使う人は、「WordPress レッスンブック 3.x対応」でインストールやら基本の投稿の仕組みなどを覚えたほうがいいんだけど、ある程度ブログ慣れしている人や、基本のHTMLとCSSをわかっている人、またはすでにWordPressを使ってて、「自分独自のテーマを作ってみたい」という人はデザインブックがオススメ。

とにかく真っ白なページからはじめて、全部のコードを手入力していくので、どんなコードを書けばどんな表示がされるのかがわかるし、どんどん完成していく過程がもうヤミツキです。超面倒くさいんだけど(笑)。
これはね、ハマる。・・・ワタシって、ドSだと思ってたんだけど、結構ドMだわ。

この本のサンプルコード通りに入力すれば、ただでさえかっちょええテーマが完成するんだけど、欄外のTIP集にも便利なプラグインとか、拡張機能とか、「こういうことやりたきゃこーしろ」的な逆引き項目が満載なので、自分のサイトにあった機能を組み合わせてもよし。
ただ、自分で前後とのつじつまを合わせるのがちょっと大変だけど、そこは「気合」でよろしく。

というわけで、もうおわかりだと思いますが、このサイト、デザインブックのまるパクリ完成サンプルとほぼ同じです。
「ほほぉ、ここまでは自分も作ってみたいな」と思った人は、この本要チェックです。
ここからどこまでアレンジできるかは、作る人のセンス次第。
ワタシは・・・まだまだっす。これからもっと進化させますよぉ。させるつもり・・・で、すよ・・ぉ?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です